アフリカ取り扱い諸国

アフリカ主な取り扱い諸国
アフリカ主な取り扱い諸国

アフリカは、大きく分けて、北、西、東、中央、南部と分かれています。

イスラム圏の力が及んだ北アフリカ。

フランスの植民地のだったため、多くがフランス語圏になる西アフリカ。

そして、英国が統治をした南アフリカ、ジンバブエ、ザンビア、ボツワナ等の南部アフリカと観光大国として、人気のウガンダ、タンザニア、ケニアの東アフリカ。

 

当社は、主に南部アフリカ、東アフリカを取り扱っております。

国は限られますが、西アフリカも対応は可能です。

 

ポルトガル語圏では、まだまだロケが少ないモザンビークやアンゴラでも、対応させて頂きます。

 

コーディネート可能な国

撮影許可が、必要な国がほとんどなので、余裕を持って、撮影許可申請を行ってください。南アフリカは、国に対しての撮影許可が必要ありまえせんので、緊急の撮影では、南アフリカをお勧めします。

北アフリカ

エジプト

モロッコ

西アフリカ

モーリタニア

ガーナ

マリ

中部アフリカ

カメルーン

ルワンダ

中央アフリカ

東アフリカ

エチオピア

ウガンダ

南部アフリカ

ザンビア

ボツワナ

マラウィ

レソト

スワジランド

アンゴラ

モザンビーク

アフリカ大陸近くの島

モーリシャス

セイシェル

Facebook